カテゴリー「- 04 - うちのワン&チュン」の17件の記事

柴犬マシロ 元保護犬の小春 インコのおこげちゃん 文鳥のこなす・・・日常&つぶやき。

2017年2月10日 (金)

◆音ちゃん もう四十九日 「音ちゃんはエルフィそのもの」

年末に亡くなったうちの柴おばあちゃんの音(おと)

2月13日は、音の四十九日です。


cherryblossom 桜が満開の日に、保護主さんの真っ赤な車でやってきた音(おと)rvcardash


開いている右目も見えていないけれど、
瞳はまるで藍色の大理石のよう。
濃い藍色の中にキラキラした宇宙がありました。
Img_4717_2

音の事を一言で言い表すなら 「魅力的」

「賢い」とか「甘えん坊」とか「人懐こい」とか、他の言葉は当てはまらない。
だって、音は目も見えず耳も遠く、認知症のグルグル徘徊犬でしたから。
触られるのもイヤ、触るとピョンピョン飛び上がって逃げ、
シッポも振らず、鳴きもせず静かな子でした。

だけど、なぜか人気者shine
人を引き付ける不思議な魅力の柴犬おばあちゃん
保健所の殺処分寸前だった子だなんて、みんな思わなかった。
とても綺麗で、いつも笑顔の音ちゃんだったから
Img_76841_2

音ちゃん、覚えてるよね

heartうちに来て、同じ保護主さん出身の小春と出会ったこと
Img_7234

diamond研修に来られたカズさんと一生懸命「みはらし展望台」へ登ったこと
Img_6324_2Img_6624

sun1日4回 ママとお散歩の時、一緒に思いっ切り走ったこと
Img_7693Img_4752

2016年12月24日に突然倒れ、28日に逝ってしまった。
これから年末年始の超多忙な日々になる、その直前に。



亡くなる前夜
触られるのがイヤな音が私の腕まくらで静かに寝てたのを見て
「もう逝ってしまう。。」と直感

翌朝から具合が悪く 病院へ。 でももう手の施しようがない感じ。

「音ちゃん、2人で外を歩くのは、きっとこれで最後になると思うから、
ママの抱っこで歩いてお家へ帰ろう」

泣きながら家へ戻りました。

13時にお客様のご予約があり、家について時計を見ると12時過ぎ。
「音ちゃん、帰ったよ」


サークルに寝かせたらすぐ 「アオー!」と3回鳴いて、鼻から水がポタポタ・・
大きなペットシーツの上に顔を置いた瞬間・・・・

サ~~っと薄い綺麗なピンク色の水が、円形にシート全体に一気に広がってゆく。。。


意識はない様子、慌てて心臓が動いているか確かめ。。。
でもすぐに鼓動もとまり、天に召されていきました。

時間は12時20分。 あっという間の出来事。


音ちゃん、13時からお客様なんだよ
音ちゃんとのお別れなのに、もうすぐお客様来ちゃうよ

いくらピンクが好きなママでも、音ちゃんが最期に染めたシーツの
こんなに悲しいピンクは 生まれて初めてだよ。。。




それから15分だけ大号泣して、目薬などして顔を戻し、
13時のお客様対応へ。
お客様の連れてこられたペットちゃんに 「かわいい~~~!」って。
それはもちろん本心です。

でも、隣の部屋ではついさっき亡くなってしまった音がいる。
悲しい、悲しい現実。


音ちゃんが春に来た時の写真を、保護主さんから頂きました。
嬉しそうな私。 元気な音ちゃん。
Img_6141

音を見送る時、同じ写真を撮っておこう・・・
寂しそうな小春。 音ちゃんはもう旅立っているけれど。。
Img_6185

霊園へ行く直前の、私にとって精一杯の写真です。




音ちゃんへ
音ちゃんにはいろんな事を教えてもらったよ
目が見えないワンコの誘導の仕方や、徘徊するワンコにどう接するか。
そして、突然命が亡くなってしまう現実も。

だけど、何よりもよくわかったのは、
保護犬も、老犬・病犬も、愛すべき存在だということ


「エルフィ(elfi)」とは、ドイツ語で
”不思議な力” とか ”妖精” とかって意味なんだそう。


そういうものになれたらいいなと思って、名前に選んだんだけど

音ちゃん・・・  

音ちゃんは まさしく ”エルフィ”そのものでした。

たった9ヵ月だったけど、幸せをありがとうshine

Img_6684






dogエルフィ elfi のホームページへcat

 

ミ★(*・ω・)v Thanks!!★彡ミ★(*・ω・)v Thanks!!★彡

2016年12月28日 (水)

◆さようなら 音(おと)ちゃん

盲目の柴犬 音(おと)がとうとう天に召されました。
 
4月にうちに来て9ヵ月間。
静かで、年齢の割に走るのが大好き、本当に癒し系柴犬でした。
詳細は後日に。。
 
明日から年末モードで忙しくなるのをわかっていたかのように
時間のある今日のお昼に旅立ちました。
昨夜は私の腕まくらで朝まで寝てくれました。
触られるのが苦手な音ちゃん、初めてのことです。
Img_28731
「ママ泣かないで、なのデスshine


きっとそう言われてるのでしょうね。
だけど今日はゴメンね。。。
 
 
2017年の年賀状
思いっきり音ちゃんの写真です。
本人はもうおりませんが、どうか今回はお願いいたします。


ご心配してくださった皆様、
お励みのお言葉をたくさんありがとうございます。



音ちゃんの最期は、とても静かでした。
Img_3450
 

2016年11月17日 (木)

◆音(おと)ちゃん、スーパームーンに吠える・・? ψ(`∇´)ψ

エルフィの 音(おと) なのデスdiamond
Img_3455
今日の神社はすっかり秋なのデスmaplemaple

「黄色や赤の葉っぱがたくさんあるよ」ってママが言ってます。
音はお目目が見えないけれど、風が秋を教えてくれるのデスnotes
Img_34501Img_34561
 
夜はお月様moon1がステキらしいので、
「アオーsign01アオーsign03って遠吠えの用意してるのデスdogheart04heart02

でも・・・rainrainrain
雨でお月様が見れなかったのデス~~cryingsweat01

つまらないのデス~~~downdown
Img_3522


お月様に向かって吠えるのを楽しみにしていたのデス~sweat01

お月様に吠えると、願い事が叶うって~・・・
せっかく待ってたのに・・・ ハ、ハ、、ハックションimpact
Img_35201_2Img_35181



でも、ま、仕方ないのデス。
今度の満月まで我慢デスshinefullmoonshine

音の願い事は・・・また今度なのデスheart
Img_2975

dogエルフィ elfi のホームページへcat

 

ミ★(*・ω・)v Thanks!!★彡ミ★(*・ω・)v Thanks!!★彡

 
 

2016年9月 9日 (金)

◆おこげちゃん 「幸せの青い鳥」のはずなのに・・・

spade おこげは、私の娘の友達のインコでした。

その彼女は結婚して、「青い鳥が欲しい」とおねだりpresent
旦那さんが買ってきた青いセキセイインコに「おこげちゃん」と名前もつけましたchick
1

その頃、彼女は妊娠していました。
彼女の妊娠を知った旦那さんの父親(義理の父)が
「子供が産まれるなら鳥はどこかへやりなさい」と指示しました。

その頃、鳥インフルエンザの報道がありました。
鳥を媒介して感染る病気です。
彼女は友達数人に当たりましたが、もらってくれる人が見つからない。

義理の父は言いました。
「もらい手がいないなら、外へ放せばいい」

12月末 真冬…産まれてくる孫を思って言った一言は、
おこげにとっては死を宣告される言葉でした。

Img_8599

ある日、外出中の娘から電話が。
「お母さん、インコ飼っていいよね?」
事情を聞いた娘が引き取りたいと言ってきました。
代々文鳥を飼っていたのでカゴもあるしいいよwink

若い夫婦は車でおこげを連れてきて娘が受け取り、ウチへ運んできました。
とても小さなカゴの青いインコ。
エサも食べ切ってるし、余分なエサも持って来てないらしい。
ウチに文鳥のエサがあるのですぐに取り替えて…
んん?鳴かないぞ?
ジッとして動きも悪い。

手で掴んで出してニオイを嗅ぐと、キョーレツなタバコ臭!
「あの2人、ヘビースモーカーやから」と娘も呆れ顔。
まだ飼って間もないらしいけど、
家でも車でも、タバコの煙にまみれていたのか・・

「明日死んでるかもよ」 娘に言って、翌日。。。
ドキドキして見ると、生きてる・・・clover
なんと3日間、おこげはタバコ臭かったのですsweat01sweat01
ニオイが取れる頃、元気にさえずりはじめやれやれweepsweat02

彼女の義理の父よannoyannoy
鳥よりタバコの方が胎児に悪いと言うべきでしょうsign03


Img_5103_2
<桜文鳥のこなすと>

ウチに来て3ヶ月頃 
「おこげちゃ〜ん!鳥クサイ!」
と、おこげがおしゃべりしてる動画を、娘が元飼い主に見せたら
「わー!カワイイ!返して欲しい〜」 (0д0;)はぁ?
さすがにうちの娘も
「もらった後は返さへんでっていう約束やからな!」と言い放ってきたそうで(笑)

あれから8年、おこげちゃんは元気に過ごしておりますhappy01heart01

Img_9046
<パソコンで遊ぶおこげ&こなす>


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜





2016年9月 2日 (金)

◆音(おと)ちゃん 『夏の終わりにおもうコトなのデス』

dog音(おと)なのデスdog
Img_5659
「音」の前には違う名前で呼ばれていたのデス
その頃、気が付いたらおまわりさんの所にいて、
何日かして保健所という所に行ったのデス

いったい何がおきたのデスか?
お目目見えないし、耳も遠いのでわからなかったのデス。。。

保護主さんっていう優しい女の人が来て、暖かいお家へ連れて帰ってくれました。
「これから名前は『音ちゃん』だよ。」

車に乗せられ、4月に今のママんちへ来ました
rvcardash
そこには、同じ保護犬・小春ちゃんがいたのデスdog
よろしくなのデスnote
Img_7941 Img_7235

夏になって、ここでの生活、慣れてきました。
だから、そろそろシャンプーしようねってトリマーさんトコ行ったのデス
「触られるとピョンピョンして逃げようとするから大変ですがsweat01」って、
ママは心配してトリマーさんにお願いしてました。
Img_6662
音、ガンバッてキレイにしてもらいました。

なんだか、スッキリshineshine
「がんばったね!」 ママがナデナデしてくれたのデスheart04
Img_6682 Img_6684

次の日、ママとお隣の八幡神社にお散歩sun
「音ちゃんにも見せたかったなあ~」
Img_7410
ママがいつも言う、神社からの景色
きっと前は、神戸じゃない違う街に住んでいたのデスね
でも

音はずっとココにいますよ、ママ
ママや小春ちゃん達とclover

お鼻でクンクンしたら感じるのデスflair
風が、「もうすぐ秋になるよ」ってmaple

キレイな景色が 音にも見えるような、秋の始まりなのデス。。。


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

2016年4月13日 (水)

◆エルフィ新メンバー:・*☆ 老犬の音ちゃんヽ(*>∇<)ノ゚.+゚ ヨロシク♪

heartいつも応援頂きましてありがとうございますheart

ブログをしっかり更新しなきゃ・・・と思いつつもなかなかできず
お待ちのお客様方をはじめ、みなさま本当に申し訳ございませんsweat01sweat01

この度、うちに新しい家族が増えましたdognotes
4月4日 満開の桜の中、赤い車に乗ってやって来ましたrvcardashdash

音(おと)ちゃん  柴犬のおばあちゃん犬です。
Img_4719

写真を見ておわかりの通り、
音ちゃんは左目が小さく、右目も不自由で見えていません。
耳は大きな音でないと聞こえません。
痴呆もすすんでいるのかグルグル徘徊します。

迷い犬として警察で待っていましたが、
飼い主さんのお迎えがなく、保健所へ。
預り期限も過ぎ、処分手前で保護主さんの手によって救われました。
その保護主さんは、今やうちの看板犬となった小春もお世話になった方ですshine

Img_5032 Img_4732

お目目もお耳も不自由だけど、
こんなに素敵な表情ができる音ちゃんです。
お散歩後に、うすーく薄めた牛乳とオヤツを食べたらこの通りheart04heart01
Img_4814

まだ、触られるとビックリする音ちゃんですが、
少しずつ慣れて来たようでうれしいですnote

エルフィ接客部長の小春はすぐにウェルカムsign03
凶暴アネゴのマシロもじきに慣れてくれるでしょうhappy01
Img_5026

どうぞこれからもこの3匹のワンコ達を
ヨロシクお願い致しますsun

音ちゃんが保護された時の保護主さんのブログはこちら
「どうして迎えに来てくれなかったのですか」

保護主さんのブログ
「兵庫GREEN LEAF 未来を信じて」



dogエルフィ elfi のホームページへcat

 

ミ★(*・ω・)v Thanks!!★彡ミ★(*・ω・)v Thanks!!★彡

2015年12月 5日 (土)

◆小春ちゃん 2才のお誕生日((o(≧∇≦)o))オメデトウ!!

「小春ちゃん」 これは保護主さんがつけて下さった名前shine

野犬の子として生まれ、子犬の時に保護されました。
Img_7354
何もかも怖くて、慣れない事が原因で
里親さんからも一度戻された小春weep

縁あってウチに来たのが去年の夏でした。

ひたすら怖がるだけ。ケージから出てくる事もなく過ごしたね。
10か月経って、やっと部屋の中で触らせてくれてからは急接近heart04
嬉しくて泣いちゃったエルフィ・ママさんですcryingsweat01

柴センパイのマシロは超コワイお姉さんannoy
でも、小春だから、うまくいってるんだよflair
Img_7203

保護された時の推定で、きっと12月頃が誕生日birthday
では、うちの長女と同じ日にしましょう。
それが今日、12月5日present

shineheartshine小春ちゃん、2才おめでとうshineheartshine

いまや小春は「エルフィの接客部長dog
たくさんのワンちゃんが来て下さるおかげで成長できた小春ですsun


記念すべき今日のお客様は
ビション・フリーゼの テール君
日だまりの中で、とってもいいお写真が撮れましたheart01
Img_4451

ありがとうheart02 テール君

まだ、外へは怖くてお散歩に行けない小春
カートに乗って日向ぼっこ行こうねsun
いつか、自分の足で歩いてお散歩できる日が来るよnote
Img_6573

これからもずーっと 一緒だからねclover

保護されて、生き延びてくれて、本当にありがとう 小春heart


dogエルフィ elfi のホームページへcat


:*・゚☆.。.:*・゚£(。・"・)o[†...Thanks...†]o(・"・。)β。.:*・゚☆.。.:*

2015年5月12日 (火)

◆小春日記 「保護犬から ママと手をつなぐまで・・」

こ、、小春です。
小春はビビンちょ。 でも少し治ってきたよ。
Img_6857_2

小春の今のおウチは、4番目のおウチ。
だから、今のママも4番目のママなのです。
小春がどうして今のおウチにいるのかっていうとね・・・

house最初のおウチはここ ↓
Akiti1_2 広い荒れ地
寒い冬に生まれて、背の高い草に隠れて
ワンコママと一緒にいたみたい。

でもある日、ケガして弱って
海へと流れる大きな排水溝に入っちゃった。

house2番目のおウチは・・・
気が付いたら箱にいれられて、ブーンて音がする車で揺られて怖くて怖くてsweat01sweat01
大きな人達に排水溝から拾われて、建物に連れて行かれたよ。
Koharu1_2 「人間」 初めて見た

いろいろ触られて、怖くてチビってばかり・・・
いったいどうなるんだろう。。。。

建物にはいっぱいのワンコたち。
「小春ちゃん」
 と名前を付けて呼んでくれる優しい人。
これが2番目のママ。
ここのママは保護活動をしている人で、小春みたいなワンコを「保護犬」って言うんだって。
そして小春の本当のママ探しをしてくれるんだって。
Koharu5_3
こんなにカワイくして、里親っていう人を探してくれたよ。

house3番目は里親さんち
小春が行くおウチが決まって
またブーンって音がする車に乗って遠くまで揺られたよrvcar

でもね、ここのおウチには1ヵ月もいなかった。
新しいところでどうしたらいいかわかんなくて、
怖くて怖くてずっとケージから出れなくて・・・

そしたら、2番目のママがお迎えに来たよ。
「小春ちゃん、お家に帰りましょうね」
小春、、、なにか悪い事したのかな。。。

「小春ちゃんは悪くないよ。合わなかっただけ。
 新しいおウチを探してあげるからね!」

2番目のママはそう言って車で連れて帰ってくれたよ。
Koharu19

house4番目、今のママとの出会い
小春が全然人に慣れなくて、隅っこで固まってるばかりだから、2番目のママは、里親さんを決めるのに慎重になってたんだって。

そんな時、ある人からメールがきた。
「里親さんが決まらない老犬がいたら、うちにご紹介下さいませんか?」
それが、今のママだった。
今のママは、ネットで小春を見て気にはなったけど、仔犬ならすぐに里親さんが決まるだろうと思って、小春ではなくお年寄りワンコを引き取るつもりだったんだって。
「それなら、小春ちゃんをお願いできませんか?人慣れしなくて一度戻ってきた子です。」

即、決定sign01

今のおウチに来た時も、怖くて怖くてずっとケージ内で固まって、2週間は声も出なかったし、歩く事もしなかったよ。
ママと目があったら、そっぽ向いたし
触ろうとしたらガタガタ震えてケージでぐるぐる回ってばかり。。。
それでも、ママは「小春、カワイイ」ってニコニコしてた。

あっという間に10ヵ月が経って、小春も大きくなったよ!
ケージから出て歩くことはできるようになったけど、
ママに触ってもらうのはまだ怖くて、つい逃げちゃう毎日。。。
そろそろ、勇気出してママに触ってもらおうsign03
小春、ガンバってお部屋の中でママに触られたよshineshine
Img_2616 Ko03

こんなに気持ちいいんだね
note 知らなかったよ!heart04
なんだか楽しくて嬉しくて!
ママの顔見たら、あれ??

ママが涙流してる。。
こんなに楽しいのになんで泣くのかなぁ?へんなの~happy01


今はね、ママと手をつなぐ事もできるよsign01
Img_3635_2

小春、もうどこにも行かなくていいんだよね
これからはママとずっと手をつないでいるからねsunshine

Ko05


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
小春を保護して下さった方
「兵庫GREEN LEAF 未来を信じて」



dogエルフィ elfi のホームページへcat

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

2015年4月14日 (火)

◆小春日記 「チェリーちゃんはワンコママの匂い♪」

こ・・・小春ですtulip
ケージから出るのが苦手なビビンちょです。

Img_2794

いつものようにおうちでゴロンしていたら、
夜、ママが小さな手さげ箱を持って帰ってきました。

ケージで寝ていた柴センパイが 「ワンワンワン!」
小春もケージから 「ウォンウォン!」言ってみたよcoldsweats01
ママが 「こっちは大きなワンコいるから奥のお部屋でね」
と言って手さげ箱を運んで行きました。
ん?だれかなぁ?

少ししたら扉のすき間からママの後をついて
黒くてちっちゃなワンコが出て来ました。
Img_0415

チェリーちゃんって、言うんだって
小さくても小春よりずっと年上のおとなワンコdog

チェリーちゃんは、小春のところにトコトコきて
「こわくないよ小春ちゃん。一緒に遊ぼう」
と言ってくれました。 とっても優しいのshine

だから思い切って遊びに行きました。
Img_0690 C03
玄関のむこうで音がして、怖くて気にしていたら
チェリーちゃんが代わりに見に行ってくれたり
小春に「もう、大丈夫」って知らせてくれたり
いつも小春を見ていてくれる うれしいなheart04
Img_2477

小春が赤ちゃんの時に、寒い草むらで一緒にいたワンコママのことはもう覚えていないけど、チェリーちゃんみたいなワンコだったのかなclover
チェリーちゃんは、小春のワンコママになってくれるのかなぁ?

「ねぇチェリーちゃん、これからずっといてくれるの?」
「ごめんね小春ちゃん。少しお泊りしたら元のお家に帰るよ。でも、小春ちゃんのことよーく覚えておくからね。」


あっという間の3泊4日
チェリーちゃんと一緒に遊べるようになったのに
もうお帰りの時間sweat01
うちのママも寂しいって、チェリーちゃんを抱っこ。
Img_0703

「チェリーちゃん、お帰りの時間だよ」
チェリーちゃんは、また手さげ箱に入ってママと出かけて行きました。

「小春ちゃん、またねsign03

「チェリーちゃん、また来てねsign03

すっかり忘れていたワンコママ
きっと、こんな感じだったんだねnote

何回かネンネしたら、またチェリーちゃん来るかも。

今度起きた時にまたチェリーちゃんがいますように・・・ネムネムsleepy
Img_2479


2015年2月20日 (金)

◆タマゴ詰まりで落鳥ヽ(゚Д゚;)ノ!! ガンバって!文鳥 こなす!

うちの桜文鳥のこなす、5歳。

名前の由来は、

ヒナの時、色落ちした小茄子のお漬物に似ていたから(↓右側)
100521_215531

大人になって、年に一度だけお正月頃に2個ほど卵を産んでました。
Img_3212

今までの文鳥達が、年に数回お産の度に苦しそうにするのを見てきたので、
こなすは年1回だし、産んでも2個程度で終わるので良かったなと。。

そして、今年はお正月過ぎても卵を産まず、お尻もスマートなまま
セキセイインコのおこげと仲良く元気にしていたのですが・・・


ある朝、こなすはいつも通りに動いて食べているのですが、
なんとなく、そうなんとなく、なんか、違う。。。bearingsweat02

・・・という事で、こなすのカゴをヒーターで温めて布をかけて
お仕事に出かけ、帰ってきてから様子を見ても、普通っぽい。
ん~気のせいだったかな?
一応ずっと温め続けて夜寝かせました。
Img_8567

 mist 夜中の2時頃 mist

「ガチャン!」 鳥かごから。

見ると、こなすがつぼ巣から飛び出して下に落ちてる!
羽を膨らませ、目を閉じて、肩で息をしているような、
立っているのもやっと


小鳥を飼育されている方ならわかって頂けると思います。
かなりヤバイ状態。。。sweat01
「なんで?」 と同時に 「ダメかも・・・」
(真夜中で、電気もつけずに必死だった為、画像がありません)

カゴに入れていても死んでしまうだろう
それなら最期の時まで手の中で。。


時々お水を飲ませて、手で温めながら布団の中
目を閉じたままのこなすは足の力もなくなりグラグラ・・・
くちばしも冷たくなっていく o(;△;)o

でも、いつもならきっと泣いていたであろう私が、
なぜか、泣く事はありませんでした。
きっと助かる! そう信じました。
うちのペット達は、ケガをしてもちゃんと平均寿命以上
生きていた子がほとんど。
こなすはまだ5歳。寿命には早いよ! ガンバって!!



 cloud 明け方 cloud 

手の中にいるこなすの足に少しだけ力が戻ってきて
顔を見ると目も開けている・・・良かったsweat01

その時、こなすがプッとウンチdash
なんだか少し楽になったような表情をしています。
とりあえずカゴに戻して、朝の用意などしながら様子見。

死にそうだったこなすが小さいながらも「チュン・・・」
あ!鳴いた! 持ち直したかな?
カゴを覗くと 割れたタマゴが落ちていました。

タマゴ詰まりだったんだ~。。。
やれやれです!! その後2日程は念のため安静にさせましたspa


今はもうすっかり元気!
インコのおこげちゃんと仲良く飛んでいますnote
Img_0843


dogエルフィ elfi のホームページへcat

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

カテゴリー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

エルフィのホームページ

無料ブログはココログ