« ◆令嬢ニャンコの凛ちゃん☆家庭教師はカマキリ先生♪ヽ(*´∀`)ノ | トップページ | ◆悶絶する可愛さ❤ 13才のミニ太くん、いらっしゃいませ♪ »

2015年2月27日 (金)

◆<夜更かし実話>「ボク、天国へいくよ」夢で挨拶 柴犬のイチ

前置きの、父についての話は、良くないであろう事は充分承知の上でお話します。
少し長いですが、お付き合い頂ければ幸いです。

まだ、私が子供だった頃。
決して動物好きではない父が、『品評会で好成績を取る事』にハマってしまい、
カナリア、熱帯魚など次々と買い求めていました。
思い通りに育たないと、その種類は諦めてあっさり次の生き物へ。

そんな熱しやすく冷めやすいうちの父が一時期 柴犬にハマり、柴犬の仔犬を連れ帰ってきては、気に入らない所があると、数日のうちに別の仔犬に取り替えてきていました。
100920_223219_3

名前をつけても、学校から帰ってきたら別の仔犬になっている。。。
母すら知らないうちに次々と取り替えられる。。
ブリーダーをしていたわけではありません。
おそらく、より品評会向きの子を探していたのでは?と思う。

でも、気が弱いとか、毛並みや肉球がどうだの、あーだこーだ文句を言いだすと、数日中に別の仔犬になっていました。
ブリーダーさんの所で仔犬を取り替えていたのか、
それとも気に入らないと他の誰かに譲って、また別の仔犬を買っていたのか。
実際 親戚宅に行った仔犬も数匹いました。
母も私も、いったい何匹入れ替わったのかわからないほど。
「いまにバチが当たるわ」と母は言ってました。
父は数年前亡くなりましたが、いまだに謎で・・・今では考えられない事です。

その父の謎の流れに乗って
「一(イチ)」という男の子の赤柴の仔犬がきました。
100920_170943

イチは、赤柴とはいうもののなんだか薄い色の、どちらかというとグレーっぽい薄茶色。
目は小さくて地味な顔。 今までの仔犬の中ではパッとしない方。
あんなに文句言っては取り替える父だからまた・・・
なんでこの子になったんだろう。いつまで置いててくれるんだろう・・・?

イチはまだ小さいのに、雨がふるといつも屋根の下で空をじっと見上げて座っているおとなしい子でした。
100920_221610

叱られるようなイタズラもしないし、温和な性格。
それはそれで、父は 「迫力がない、柴らしくない」と不満。
でもイチは数ヶ月たってもうちにいました。
これで落ち着くのかな?

Pa040419_4

半年過ぎた頃、イチが皮膚をバリバリ掻くようになり毛がどんどん抜け始め、通院。
皮膚病ではなく、ホルモン系の病気らしく、
成長するほど悪化。何ヵ月も通院しました。
病院が近くなるとイヤがってかわいそう。でも治さなきゃね!

学校から帰ってみると、母が、「イチ、あかんかも・・」
庭でグッタリしているイチが、私の姿を見てシッポ振って出てきましたが、またすぐグッタリ。急変でした。 すぐ病院行こう!
いつも嫌がる病院にも、自分から入って行くイチを見て、私も予感めいたものがありました。

そして入院・・・・
母 「先生。もし、苦しむようなら、助からないなら、安楽死で・・」
先生 「いえ、そこまでお考えにならなくても。精一杯のことをしますので。」

私達が帰ろうとしても、イチは先生の側にチョコンと座っていました。
母と同様にイチも悟っていたのでしょう。 「ボクはもう。。。」

150

night イチが入院して数日後 night

私が庭にいると、毛並みも綺麗になったイチが、お日様に照らされながら柴犬独特の黄金色に輝いて走ってきます。
「イチ!キレイになって!治ったんやね!!」
嬉しそうなイチと遊んでいたら、急に雨。
イチはいつものように軒下でオスワリして、小さな目で空を見上げ・・・
私は母と、「また、見上げてるわ~」と笑って。


・・・夢でした。

「お母さーん、今日イチが帰ってきた夢見た~~。」
「え!?アンタも??」


母が見た夢は次の内容でした。
真っ青な空に、真っ白な雲が浮かんでいて、その雲にイチが乗っている。
「あら、イチ、気持ち良さそうやね。」と思ったら、次に母は、もやがかかった白い場所にいて、とにかく眠い・・・
何かを言おうとするのだけど、言葉にならず、でも一生懸命言おうとすると
「うんうん、わかった。わかったよ。。。」
家族ではない、誰かはわからないけれど男性が側にいて、優しく声をかけてくれる。
身体がふわふわしてとても気持ちよく眠れそう・・・

Img_1109
母は目覚めたそうそう、父に
「私、こんな死に方やったらいつでもいいわ!」と言ったそうです。
2人してイチの夢見るなんて、もうすぐ戻ってくるのかなあ!

少しして電話が鳴りました。 兄が対応。
「イチ、夜中苦しんでアカンかったらしい。」
てっきり、戻ってくると思っていたのに・・・
いえ!
イチは戻ってきていたのです。


母には、「ボク、こんなに気持ち良く逝ったから泣かないでね」
私には、「ほら、こんなに元気に走れるようになったよ!もう苦しくないよ!」
と、伝えに来たのでしょう。
母の夢で側にいた人は、きっと動物病院の先生。
優しい先生だったから、お声をかけてくださったのですね。ありがとうございました。
一人ぼっちで逝ったのではなくて良かった。
242

イチがずっとうちに置いておかれたのは、病気だとわかったから他人に譲れず、父はやむなくそのまま置いていたのかもしれません。
イチが来てからは、別の仔犬が来る事もなかったし、イチが亡くなってからは、しばらく犬を飼う事もやめていました。

本当におとなしくて賢くて、地味でパッとしない柴犬だったけど、私達には最高の思い出をくれたイチ。
たった1年の命。でも旅立つ時は律義に夢でご挨拶。
30年以上経っても、こんなに鮮明に記憶に残っているよ。
今でも思い出したら泣けてきちゃう
本当にありがとう。


あんなに良い子だったのだから、きっと生まれ変わって、次のお家では老犬になるまで、可愛がられながら暮している事でしょう。
お散歩の途中、もし私と出会ったら合図してよねdogheart04
飼主さんに了承を頂いて、触らせてもらうからhappy01

ずっと、イチとの再会を待っているよshinebellshine
Img_3684

(イチの写真が無いため、うちのマシロの写真をイメージとして使いました。ご了承下さい。)



dogエルフィ elfi のホームページへcat


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

« ◆令嬢ニャンコの凛ちゃん☆家庭教師はカマキリ先生♪ヽ(*´∀`)ノ | トップページ | ◆悶絶する可愛さ❤ 13才のミニ太くん、いらっしゃいませ♪ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2045954/59006853

この記事へのトラックバック一覧です: ◆<夜更かし実話>「ボク、天国へいくよ」夢で挨拶 柴犬のイチ:

« ◆令嬢ニャンコの凛ちゃん☆家庭教師はカマキリ先生♪ヽ(*´∀`)ノ | トップページ | ◆悶絶する可愛さ❤ 13才のミニ太くん、いらっしゃいませ♪ »

カテゴリー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

エルフィのホームページ

無料ブログはココログ